生パスタが魅力の飲食店|話題のイタリアンでパスタを堪能

女性

明治からの伝統の味

うな重

夏は楽しいイベントが沢山ある時期です。花火大会や夏の海水浴などがあるために、スタミナをつけておく必要があります。そのため、日本では土用の丑の日にうなぎを食べる習慣があります。夏バテの予防にもなりますし、スタミナがつくために、夏を楽しむことができる体になります。それだけでなく、うなぎは非常に美味しい食材です。特に浜松はうなぎの産地ですので、食べないと損する名店があります。

名店で食べるうな重は絶品です。職人が丁寧に捌いて、何十年も継ぎ足してきたタレは濃厚で白米によく合います。さらに、浜松の名店では、炭火焼きにします。炭火焼きにすることで、遠赤外線効果で身はふっくらと仕上がります。今までに食べたことのないうな重を提供している名店が浜松には多数存在しています。

中でもオススメなのが、明治から創業している名店です。こちらでは、うなぎを備長炭で焼き上げますので、中はふっくら、外はカリッと焼き上げてくれます。また、店舗の周辺では香ばしい香りが食欲をそそります。鰻専門店ですので、うな重だけでなく、蒲焼きや白焼き、刺し身などのメニューも豊富なので、毎日通っても飽きることはありません。そして、店内も趣があり、落ち着いた雰囲気になっています。一人分のスペースも広々としているために、ゆっくり食事をすることができるでしょう。浜松を訪れた際には、名店のうなぎの味を一度堪能してみてください。美味しすぎて衝撃をうけることもあります。